fc2ブログ

猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

客人として

1-0122.jpg
両親が遠出するので、その間
チー姐さんを預かったのでした。



2-0122受入
初めは互いに遠巻きだったに。
四つ足には厳しいチー姐さんも、
立場をわきまえて歩子には
友好的だった。



3-0122我慢




4-0122遠慮なし
ボール遊びはお得意のチー姐さん。




チー姐さん:「そら、そっちへ行ったよ!」

人気ブログランキング
歩子:「今度はアタシが!」
チー:「そらそらそら!ボサッとしてたら
    アタイがもらうよ!」




実写版 一年前のたぬとんと漏れ出た何か。


200122-2329.jpg






スポンサーサイト



  1. 2020/01/22(水) 07:18:20|
  2. 漫画〔先代猫歩子のこと〕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<夜になりて | ホーム | 自立した姐御>>

コメント

凄いですね。歩子・ちーコンビ。
ちょっとビックリしました。お客人を招き入れ、一緒に遊べるなんて。
お互い、ちゃんと話ができてるんですねぇ…。
  1. 2020/01/22(水) 21:16:12 |
  2. URL |
  3. 足袋 #-
  4. [ 編集 ]

お互い似たもの同士、すぐになじんだようですね
食事も遊びも一緒にできて微笑ましい限りです

ああ、白とんバラバラ殺人事件が!
犯猫はこの(ちぐらの)中にいる!
  1. 2020/01/23(木) 01:16:48 |
  2. URL |
  3. ななあに #wgd5InMU
  4. [ 編集 ]

足袋さまへ

足袋さま、こんばんは!
歩子は生き物が苦手。
チー姐さんは生き物に厳しい。
こんな二人が出会ってもめないはずはない、と思っていたのですけど
2〜3時間遠巻きしていていたのに、私が遊びに誘うと若い歩子はすぐに遊びだし、
チー姐さんも張り合って遊び出したので、遊びながら私も内心驚いたのです。
でも、驚いて見せるとまた元に戻ってしまうかもと思って何くわぬ顔をしていました。
不思議なものです。
チー姐さんはこの頃、11歳か12歳くらい。
姐さんの年の功かもしれないです。
  1. 2020/01/25(土) 01:45:06 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

ななあにさまへ

ななあにさま、こんばんは!
あのチー姐さんと、あの歩子が・・・、と、今思い出してもすごいことですが、
当時は初対面どうしの初顔合わせは
もっと気をつかわないといけないという知識がこちらになく、
それがためにこうやっていきなり一緒の部屋で過ごしていただくなどという
雑なことをしたのが、却って良かったのかも?
どちらも女の子だったのも良かったのかな。

たぬとん、また今年もパゲつつあるんですよ・・・。
  1. 2020/01/25(土) 01:54:21 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

年の功、ですか……💧
年をとっても功がないので、チーちゃんすごいな~と思います。
もっともこれだけ愛情いっぱいに暮らしていたら、家族枠なのでしょうか。
  1. 2020/01/25(土) 22:44:45 |
  2. URL |
  3. 足袋 #-
  4. [ 編集 ]

足袋さまへ

足袋さま、こんばんは!
チーは実は、子犬の頃は別の方の犬だったのです。
その方がチーの弟分として、別の子を迎えたのですけど、
チーがその子をいじめてしまってどうにもならなくなり、
父がその方に貰ってくれ、と言われ・・・という経緯があったのです。
その辺のことがチーにも理解できていたのかも、と思います。

実家へ来てからも伸び伸びアネゴをやっていましたけど、
たまに前の飼い主さんに会うと、そりゃあもう、嬉しそうでした。
そんなチーを見て、「割り切っているけど傷ついてもいるんだろうな」と
思ったものです。健気で賢い、かわいい子でした。
  1. 2020/01/26(日) 03:56:51 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocochanjoou.blog.fc2.com/tb.php/940-a278d4d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)