fc2ブログ

猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

ガブたん事情22:奥ゆかしいガブたん

1-0731オヤツのみならず



2-0731ケンカでも
こんな時も



3-0731遠くから
こんな時でも



4-0731誘っても



5-0731回を重ねる



6-0731加わりたそう
まあるく固まったまま
「だるまさんが転んだ」みたいに
ジリジリと近づいて来るのです!
顔をそちらに向けると逃げ出すので、
気配だけで察っして差し上げるのです!!

なぜ逃げ出すのか・・・。
そこが問題なのです。
仮説1→
「や、やっぱりムリでしゅ!」
仮説2→
「近づいたのはなんかの間違いでしゅ。」
仮説3→
「はじゅかしいでしゅよ・・・。」
仮説4→
「実の子じゃにゃいしィ、
やっぱりダメでしゅよね。」





お帰りの前に
ガブ子の気持ちを聞いてやってくださいまし。

人気ブログランキング
ガブ子:「ア、アタチの気持ちでしゅか?
   しょんなこと、はじゅかしくて
   言えにゃいでしゅよ。でへー。」






実写版ガブ子



190731-0494.jpg

このように物陰から
ちろ〜〜〜っと見るのです。

大変奥ゆかしく見えるのですが、
手前の茶色くて丸い枕(クッション?)に
ある大穴はガブ子が開けたものです。





スポンサーサイト



  1. 2019/07/31(水) 08:58:49|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガブたん事情23:大きい砂時計 | ホーム | ガブ子尻尾が上がる>>

コメント

物陰からみつめる実写版墨ちゃん
かわいすぎます~(≧▽≦*)

太っちょさんの仮設
どれも当たっていそうですよね。
知ら~ん顔していたら
寄り添ってくれたりして?
今は甘えんぼさんになったのですから
結果オーライですね♡
  1. 2019/07/31(水) 15:29:35 |
  2. URL |
  3. あんずミャミャ #-
  4. [ 編集 ]

ガブたんほど極端ではないですが、似た状況があったような
あれは遠い昔・・・ (それほど昔でもないかもしれないけど)

正解は「ギリギリ限界まで引き付けてすばやく捕まえ、
逃げようとするところを無理やり押さえ付けて撫でまくってほしい」でした

そう思って接近してきたのかどうかは分かりませんが、
そうやったら結果的に喜んだということです
  1. 2019/08/01(木) 01:50:33 |
  2. URL |
  3. ななあに #wgd5InMU
  4. [ 編集 ]

あんずミャミャさまへ

あんずミャミャさま、こんばんは!
ホント、今の甘えん坊さんぶりと言ったらないです!
台所に立ってる時など、撫でてもらうまで足元で
撫でろー撫でろー撫でろーって延々と。
1回ちょこっと撫でると案外納得してくれるんですけど、
手が泡だらけの時とか、もうどうしようかと思います。

仮説はですね、1と3と4がないまぜになってる感じ
ではないかと。
  1. 2019/08/01(木) 21:55:49 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

ななあにさまへ

ななあにさま、こんばんは!
遠い昔に思いを馳せて目を細めるななあにさんを思い浮かべ、
いつの間にやら自分がその立場になった気に・・・。
逃げようとするところを素早く。なかなか複雑ですが、
猫ならさもありなんという感じがします。
この方達は、意外と単純ではない、
入り組んだ心をお持ちですよね。
  1. 2019/08/01(木) 21:59:35 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocochanjoou.blog.fc2.com/tb.php/774-33521ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)