fc2ブログ

猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

李子の屈託



1-かれこれ



2-李子に咬まれた



3-おもらし
 嘔吐の原因は、おおまかには
 毛玉なのですが、
 それについてはまた後日に。



4-お風呂



5-手足口抑え



6-暴れる
 なにしろ病院だけでも相当嫌だったのに
 お風呂直行ですから、無理もないです。



7-咀嚼



8-被咀嚼親子



9-その時白は



10-一部始終



11-見守っていた



12-見送り
 ああ、白ってなんていいやつ。



13-墨かくれる



14-その後の李子
 咬まれた二人は別に
 怒っても怖がっても
 いなかったんですけどね。



15-よそよそしい









 ところで・・・

16-下あごに線




180819-0784.jpg
このよそよそしい顔。



お帰りの際は
一人でいろいろ気をもんでいた李子に
ポチ↓をどうかおひとつ


人気ブログランキング




咬まれた当日は片付けなければ
ならない用事もあり、
少し腫れてはいましたが、
とりあえず手は使えていたので
翌日になって人医に行きました。
軟膏を塗られ、抗生物質を処方されて終わり。
「咬まれた当日だったらもうちょっと
外科的な治療をしたけど」と言われ、
内心「???」でした。
だってなんか、軟膏と服薬で済むなんて、
『お得』じゃないですか?
でも、どうやらちっともお得じゃなくて、
次ににもし咬まれたらかなりおおごとなようです。
なので、やっぱり猫に咬まれたら
すぐ病院へ行った方が良いです。
外へは出ていない猫なので
破傷風の心配はまずないとのことでしたが、
それにしても猫の牙は小さくて細いので
肉の奥まで食い込み易く、
1週間ほどは腫れがひどくて、
関節を動かしても痛かったです。

もしも、猫に咬まれたらすぐに受診を!






スポンサーサイト



  1. 2018/08/21(火) 17:43:26|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<限定つき | ホーム | 雷を見る白(動画)>>

コメント

李子ちゃん恐怖が頂点に達してしまったんですね。

本気で噛むときって
咀嚼するって知りませんでした。
一度深く噛まれると
抗体が作られるから次は危険なのでしょうかね?
我が家ではまだ深く噛まれたことはないのですが
消毒薬の中では一番強い
イソジンを常備しています。
  1. 2018/08/22(水) 13:53:55 |
  2. URL |
  3. あんずミャミャ #-
  4. [ 編集 ]

お猫様が本気で怒って暴れるとむっちゃ怖いですよね。
まさに小さなライオン…猛獣です。
こういう時はさすがネコ科の動物同士だなって思います(;´▽`A``

まさしく噛みちぎろうとしてたんでしょうね(;´Д`)
それにしても咀嚼するとは知りませんでした。
李子ちゃんも自分の身を守るために必死なんでしょうね。

次にもし噛まれたら…って、アナフィラキシーショックみたいな
ことなのでしょうか?
噛まれたらすぐ受診ですね、肝に銘じておきます(^▽^;)
外科的な治療って何するんだろう(・・?
  1. 2018/08/22(水) 15:17:33 |
  2. URL |
  3. maimai #/Fj6CLpU
  4. [ 編集 ]

あんずミャミャさまへ

あんずミャミャさま、こんばんは!
予防注射と同じに考えてたので、一度咬まれたらもう大丈夫と思ってたのですが、
なんかアナフィラキシーショック? みたいな感じで結構まずいらしいです。
病院では、「もう消毒しても遅いから〜〜」と、処置的には軟膏のみだったんですが、
ポンキチによると、サイトによっては消毒するのはかえってよくないとか書いてあるそうですし、
でも、私はマキロン吹き付けちゃいましたけど、古かったので長男には使わせませんでした。
私は若い頃は、外傷にメチャクチャ強かったんですけど、長男の方が治りは早かったような。
こんなにひどく咬まれるって、あまりないことのような気がします。
  1. 2018/08/22(水) 20:01:47 |
  2. URL |
  3. 太っちょネズミ #-
  4. [ 編集 ]

maimaiさまへ

maimaiさま、こんばんは!
もう咬まれたくはないですが、その時は二人とも身体についた泡をおとしてやることに必死で
何度咬まれても、水をかけ続けたんです。それがさらに李子の逆鱗にふれることにつながったのですけど。
その時は、「きっと噛みちぎられる」と感じたのですが、今になって考えてみると李子の方には
そんなつもりはなかったかもです。
二人で7箇所も咬まれたのに、1箇所も噛みちぎられてないので、血の匂いで
「ウエエエエ〜〜〜」って思って口を離したのかもなーと。
その日は、病院行かなくても大丈夫かもーなんて呑気に考えていたのですが、
翌日更に腫れていて、ネットで調べたら「病院行かないで治った」投稿は見つからず、
逆に「絶対行かなきゃダメ」ばかり。で、時間が経ってから受診して、傷口を切り開いて
中をガーゼでゴシゴシ洗った、と書いているのを読んで頭がクラクラしました。
そんな訳でそれなりに覚悟して病院に行ってみたら、処置的には軟膏で終わり。内心「やったー、お得じゃん!」て。
でも薬局で、アナフィラキシーの話を聞いて、「ああ、世の中にお得なんてないんだ・・・」と思い知ったわけです。
あの牙は伊達じゃないです。
  1. 2018/08/22(水) 20:32:51 |
  2. URL |
  3. 太っちょネズミ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocochanjoou.blog.fc2.com/tb.php/499-17e66136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)