fc2ブログ

猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

失せ物と伝説



1-長じゃらし




2-短じゃらし




3-片付け




4-消えた




5-高所




6-挟まり
 もう探す場所がなくなってしまった。



7-こう言う時の




8-冷たい
 もうちょっと親身になってくれても
 バチは当たらないと思うのだけど。










9-昔話




10-昭和っぽい
 



11-行かなけりゃ
 消えたくない一心で質問してみた。
 第一、バミューダがどこかも知らなかったし
 外国の名前なんて、
 アメリカとインドくらいしか知らなかった。




12-その辺りの




13-穴あき




14-宇宙の穴
 穴が近い時は、「消えた人たちの
 声だけが聞こえる」と言う説もありました。




15-お笑いぐさ




16-道中長い




17-ニセモノ




18-うちの中に




19-失敬な


お帰りの際はポチをどうかおひとつ↓


人気ブログランキング


アメリカは昔から誰でも知ってる外国でしたが、
インドはなぜ?と思われた方!
あの歌詞ですよ〜〜。
「インドの山奥で〜、修行をして〜〜」





スポンサーサイト



  1. 2018/07/15(日) 19:15:44|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ちぐらの夏 | ホーム | 鳩の喜びと悲しみ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/07/16(月) 02:01:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

バミューダトライアングル
今でも私は信じていますが(^^;
たしかに最近では耳にしないですねw

じゃらし、お猫様っておもちゃやおやつの
隠し場所をよくご存じでらっしゃる(^^
で、ある日とんでもないところから出てくるんですよね。
  1. 2018/07/16(月) 08:32:30 |
  2. URL |
  3. あんずミャミャ #-
  4. [ 編集 ]

(≧∇≦)あはははは・・・バミューダじゃないところにも穴があったら
どこにいても吸い込まれる可能性・・・大・・・( ̄▽ ̄;)
子供の頃のそんな噂で真剣に怖いと思っていたのは
ノストラダムスの大予言でした
確かあの時に予言されてた日にちは過ぎたはずですけど
最近の猛烈な暑さや地震、水害を思うと結局将来はとても怖いですね(T ^ T)
それにしてもジャラシ、どこへ行ったんでしょう・・・
  1. 2018/07/16(月) 08:56:13 |
  2. URL |
  3. ふ~みんまま #-
  4. [ 編集 ]

鍵コメさまへ

鍵コメさま、こんばんは!
わあ、それ私も時々ですけど観てました!
でも親がいい顔しないんですよね〜〜、なので時々。
「あなたの後ろにも」って言われなくったってつい後ろ見ますよ〜〜。
そうそう、で、何かに映った自分とか、兄弟とかを見て
ドキーーーーっとするの、同じです!!!
で、翌日学校で盛り上がるまでがルーチンでした!
  1. 2018/07/16(月) 18:52:58 |
  2. URL |
  3. 太っちょネズミ #-
  4. [ 編集 ]

あんずミャミャさまへ

あんずミャミャさま、こんばんは!
そうなんですよ、もう探して見つけるのは諦めて、
いつか出てくるだろうと思うことにしました。
どこから出てくるか、楽しみです。

このバミューダの謎の話、私は同級生の突っ込みどころ満載な話が
最初だったのでアレなのですが、ちゃんとした情報源があって
理論的に構築された話なら私も「ありそう」って思ってたかも、です。
  1. 2018/07/16(月) 18:59:51 |
  2. URL |
  3. 太っちょネズミ #-
  4. [ 編集 ]

ふ〜みんままさまへ

ふ〜みんままさま、こんばんは!
ありましたねー、「ノストラダムスの大予言」
その他にも、空飛ぶ円盤とか、あの頃はそう言うの、たくさんありましたね。
「ノストラダムス」は予言された日に合わせて、学校でシールが配布されました。
何かあったら『学校安否情報』をラジオで流すので、その周波数を書いたシールを
家の冷蔵庫とかに貼っておきなさいって先生が。
まあ、文部省が予言を信じていたとも思えませんけど。
数年前には都知事の「災害時、高校生も働かせろ」みたいな発言を受けて、
災害が起きたらそのまま生徒を学校に留め置いて地域の労働力として活躍できるように
都立高校では泊りがけの防災訓練をするようになりました。
労働力として期待されるのは異存はないけど、災害が起きたら各家庭では子供の安否をまず知りたい訳で、
その辺はどうなってるのか(高校と家は同じ町内にないのが一般的ですよね)、と質問したら、
その辺は全く考えてない想定に入ってない、と言われ、ビックラしました。
進学先を選ぶのに、校舎の耐震性や危機管理システムなども考慮に入れる時代ですね。
  1. 2018/07/16(月) 19:20:45 |
  2. URL |
  3. 太っちょネズミ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocochanjoou.blog.fc2.com/tb.php/477-ead521ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)