fc2ブログ

猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

シロの話の続き

朝のお話の続きです。

すっかりワガママになってしまったシロ。
でもシロは実は預かり犬だったのです。
幼少の連れ合いはそんな大人の事情を知るはずもなく・・・。



5_おかん




6_長屋門




7_がらーん




8_決心

なんだか切ない話。
拾った子猫を親に見つかり「元いた場所に捨てて来い」と言われて泣きながらお別れした思い出、
太っちょねずみにもあります。
きっとみなさんも少なからずそういう苦い思い出をお持ちではないでしょうか。

大人になって自分の所帯を持った途端、拾い放題です。



ポチっと温かな応援、よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



  1. 2013/07/02(火) 23:22:18|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お得な軽 | ホーム | 軽がやってくるまで>>

コメント

太っちょねずみさん、こんばんわ!
辛い。辛い…。いかんっ。本気で涙出てしまいました!
大人のバカ。(←義母様に言っているのではありません!)
もちろんぴいひょろにも経験あります。
覚えてるだけで4回くらいあります!ワンもニャンもです。
軽ちゃんの面白い記事を読んで笑って寝ます!!
(マズル犬かな!)
ポチ。
  1. 2013/07/03(水) 01:00:03 |
  2. URL |
  3. ぴいひょろ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます、ぴいひょろ様!
シロくんについては、連れ合いが勝手に自分の犬と思い込んでしまったのが発端で、
シロくん自身はきっと幸せな一生をおくっただろうと思います。

「弱いものには優しく」と教育しておいて「捨てて来い」って「なんかヘン!」と
チビスケ時代の太っちょは大いに憤慨し、「あんなオトナにはならない」と心に誓ったものです。
ぴいひょろ様も同じようなご経験をされたんですね。
子どもの無力さを嫌でも突きつけられましたよね。
時代背景もあったんでしょうか、動物に関するモラルは今より低かったような気がします。

あ、もちろん義母に向けられた言葉ではないことはとっても伝わってきていています。
いつも楽しいコメントありがとうございます。
  1. 2013/07/03(水) 09:21:13 |
  2. URL |
  3. 太っちょねずみ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocochanjoou.blog.fc2.com/tb.php/107-a1fc7d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)