猫とヨタ話

猫漫画。猫との暮らしは毎日が太平楽。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

欲望

もう、ひとつきほど前になるだろうか。
まだちょっと肌寒く、夜にはこれのお世話になる日もあった。
昼間はたいしたお役目も与えられず、
その辺に転がって休暇を楽しんでいたあんか氏。


0222.jpg

李子「もうそろろろそれほど恋しくもないけど、
   いるとついねんごろにしたくなる相手っているものよね。」




そこへ暴君・墨あらわる。

0224.jpg

墨 「李子ー、それアタチのでしゅ」
李子「は?何言ってるのかしら、この仔。」




0225.jpg

墨 「聞こえないフリするでしゅか!?
   態度悪いでしゅ!
   そんなら、こうちてこうちて、こうちてやるでしゅ!」

態度悪いのアンタでしょ・・・。

李子「このアタシが暴力に屈すると思うの?」




0229.jpg

で、結局むりやり分け合って(?)ひしめき合ってる2にゃん。

墨 「李子ー、もっとそっちへ行くでしゅ。ちっとも暖かくないでしゅ!」
李子「アンタが向こうへ行けば良いのよ。なんだか全然暖かくないわ。」
墨 「李子が重すぎて壊れたんでしゅよ!」
李子「違うったら!アンタが壊したのよ、ドカドカ乗るもんだから!」

いえ、あの、あんか氏休憩中につき、電源入れてませんので。






どちら様もポチっと温かな応援、よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2014/05/03(土) 00:56:14|
  2. 白・李子・墨
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。